クライミングに有利な身長はあるか ~①ボルダリング・男子編~

よくクライミング初心者の方などから次のようなことを聞かれたりします。

 

“ボルダリングって身長が高い方が有利ですよね?”

“クライミングに向いている身長ってどのくらいですか?”

 

他にも結構クライミング歴が長い人からも次のような発言はよく聞かれます。

 

“良いなぁ身長が高くて”

“クライミングってリーチだよね”

 

さて、今回の記事では過去の大会データからこれらの疑問について考えてみます。

 

 


検証の対象・方法

検証の対象大会と、方法は以下とします。

 

検証の対象となる大会

・ボルダリングワールドカップ(以下、BWC)の過去7年分

・今回は男子が対象

 

検証方法

・表彰台に乗っている(3位以内の)選手を全てピックアップ

・選手の身長がどのように分布しているのかを検証する

 

本当は身長よりも手の長さも考慮した「縦リーチ」や「横リーチ」で調べた方が良いのかもしれませんが、データが無かったので身長とします。

身長データは、IFSCの選手データとかスポーツクライミングカウンシルとかwikipediaとかを参考にして、いくつかの身長データがある選手の場合はは僕が確からしそうだと思うものを採用しました。

過去7年分となっているのは、2年ほど前に以下の記事などで過去5年分のデータを集計していたのでそれに最近2年のデータを加えたからで特に意味はないです。

 

世界最強ボルダラーは誰か~過去のボルダリングWC分析~

ボルダリングが強い国はどこか~過去のボルダリングWC分析 その2~

 

 

ボルダリングワールドカップ表彰台選手とその身長

ではさっそく過去7年のBWCで1度でも3位以上になったことのあるクライマーとその身長を見てみましょう。

 

選手と身長

選手名 身長
Gelmanov Rustam 167
Ennemoser Lukas 168
McColl Sean 169
Bonder Jeremy 169
Narasaki Tomoa 170
SUGIMOTO Rei 170
Hori Tsukuru 170
LEVIER Alban 170
Woods Daniel 170
Watabe Keita 171
Lachat Cédric 171
Ogata Yoshiyuki 171
Ishimatsu Taisei 173
Fischhuber Kilian 174
Fujii Kokoro 175
Schubert Jakob 175
Baumann Jonas 175
Chon Jongwon 176
Sharafutdinov Dmitrii 178
Glairon Mondet Guillaume 178
Rubtsov Aleksei 178
Stranik Martin 178
Kaiser Francois 178
Becan Klemen 179
Coleman Nathaniel 180
Kruder Jernej 180
Verhoeven Jorg 181
Ondra Adam 185
Narasaki Meichi 186
Hojer Jan 188
Tauporn Thomas ???
Piccolruaz Michael ???

 

補足説明

まず、IFSCからそのまま名前データを引っこ抜いているので、英語表記のままなのと、大文字小文字が変なのとかはご容赦ください。

それともしかすると身長が登録データよりも伸びている選手もいるかもしれませんが、そこもちょっと知りようがないのでこのままでいきます。

トーマス・タウポン(Tauporn Thomas)とマイケル・ピコーラス(Piccolruaz Michael)は身長が不明だったので、一旦抜いてここからは検証します。(知っている人いたら教えてください!)

 

 

身長分布のグラフ

では上記のデータをグラフ化してみましょう。

横軸が身長で、縦軸がその人数です。

ちなみにこのデータでは何度表彰台に入っても1人分として扱っています。

例えばキリアン(Fischhuber Kilian)は過去7年間で14度表彰台に上がっているからといって14票は入れずに1人としています。

 

 

身長データの考察

上のグラフから何が言えるのか考えてみます。

 

ボルダリングは170cmと178cmが有利!?

まず顕著に目に付くのは170~171cmあたり175~178cmあたりにピークがある2こぶのグラフになっているということです。

これは単にサンプル数が30人と少ないことから生じているとも言えますが、ボルダリングの課題系統によって有利な身長と不利な身長があるためにこのような結果になっていると見ることもできます。

まず明らかに身長が高い(リーチが長い)選手が有利になる課題は存在します。

身長が低ければ大きく飛ばなければならないところであっても、身長が高い選手は余裕を持って届くことができるので。

一方で、身長が高い選手は体重がどうしても重くなるため自分の体重を支えるという意味では必ずしも有利ではありません。

傾斜が強い壁で自在に動けるとはどちらかというと身長が低い選手の方でしょうし。

またバランシーな課題では身体に厚みが無い小柄の選手の方が有利ですし、狭いところに入り込む課題も背の大きな選手は苦手とするでしょう。

つまり様々な課題タイプが入り乱れる昨今のワールドカップでは、距離系では170cm後半の選手が有利になっていて、一方で体重が軽い方が良い保持系・強傾斜系やバランシー系では170cm前後の選手が有利になっているという見方はできるのではないでしょうか。

ただこれはかなり僕の推論が混じっているので実際には課題タイプとそこで勝った人をきちんと見比べる必要がありますね。

 

単に国別の身長分布が表れているだけか

もう一つは、単純に国別に平均身長の分布が違い強い国の身長分布が表れているだけ、という見方もできます。

例えばここ2年ほどで急速に力を付けている日本チームですが、日本人の平均身長は172cmほどです。

そして表を見るとわかるのですが、表彰台選手で多くの日本人が169cm~171cmに固まっています。

これは170cm前後の身長が有利に働いたという見方もできますが、平均値がそのままでているだけの可能性もあります。

また他のボルダリングが強い国に平均身長を見ると

フランス:175cm

アメリカ:176cm

ロシア:177cm

ドイツ:178cm

オーストリア:179cm

チェコ:180cm

となっているため、2コブのピークの内の高い方と合致しているのです。

つまり身長がxxだからボルダリングが強い、ではなく、ボルダリングが盛んで強い国があってその平均身長がxxというだけ、という因果関係になっているだけかもしれません、、、。

このあたりはもしかするときちんとした統計手法を使えば導けるのかもしれませんが。

(参考サイト:世界平均身長ランキング

 

160cm前半選手はいないし、180cmオーバーもそれほどではない

ただ、結論として言えることはボルダーでは166cm以下で表彰台に入っている選手はまだいないということですね。

あくまで過去7年の話なのでサンプル数の問題かもしれないですが。

このジンクスを破ってくれる選手の登場を期待したいです!

 

また、180cmオーバーの選手がガンガン勝っているというわけでもないです。

バレーボールやバスケットボールと違って高身長が決定的に有利になるスポーツではないんですね。

 

 

終わりに

如何でしたでしょうか。

個人的には、冒頭の様な質問をされた時に回答する材料が増えたので面白い企画でした。

近い内に、ボルダリング・女子をやるのでお楽しみに!

あわせて読みたい

16件のフィードバック

  1. jun3jun より:

    いつも興味深く読ませていただいています。
     タイトルにあるようにクライミングに強い身長があるのか、では無く172-177cmの身長の選手がクライミングに弱い身長なのではと解釈しましたがいかがでしょうか。そのくらいの身長は人口としても世界的にかなり多いだろうと思われますがその割に選手が少ないというように思えます。

    • mic より:

      コメントありがとうございます。
      確かにこの記事からはそう読み取れますね。
      しかし2つの理由から、その結論を出すのは早急だと思います。
      ・サンプル数が単に少ないのでは
      ・本当に172cmから177cmの層は選手に多いのか不明

      ここを明らかにしたいのですが、大変そうなので一旦放置します!笑

      • jun3jun より:

        お返事いただきありがとうございました。
        TNFCだったり草コンペだったりで身長データも登録していただけると日本における身長ごとの選手層の実態がわかるかもしれないですね。

        今後も記事を読むのを楽しみにしています。

  2. あむ より:

    こんにちは。
    この度、初めてブログを拝見させていただきました。
    今私は大学で栄養学を学んでおりクライマー(主にボルダリング)に適した身体、その身体を目指すための食事について調べています。

    植田さんが考える、ボルダリングをする上での理想的な身体つき、また体重や体脂肪率等がありましたら教えていただきたいです。
    よろしくお願いします。

  3. あむ より:

    こんにちは。
    この度、初めてブログを拝見させていただきました。
    今私は大学で栄養学を学んでおりクライマー(私がボルダーなので主にボルダリング)に適した身体、その身体を目指すための食事について調べています。

    そこで、植田さんが考えるボルダリングをする上で理想的な身体つき、必要な筋肉、体重や体脂肪などあれば教えていただきたいです。

    長々とすみません、よろしくお願いします。

    • mic より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      ボルダリング(ここではインドアの競技と解釈しますね)をする上での理想の体つきですが、まず絶対的に言えることは
      ・手足が長い
      ・脂肪が少ない
      ことは有利だと考えます。
      高過ぎる身長は時に邪魔をしますが、手が長過ぎて困ることは無いと思います。実際にトップクライマーの中には横のリーチが身長+10cmくらいの選手もいます。
      また脂肪は(体調・コンディションを整えるなどの効果はありますが)、競技自体には役に立たないので減らせるに越したことは無いですね。
      よって体脂肪率に関しては、体調を損なわない範囲で少ないほど良いはずです。

      しかし一方で体重が軽ければ軽い方が良いかというとそんなことはありません。
      それは筋肉量がモノを言う課題と、軽さがモノを言う課題があるからです。
      トップ選手でも170cmで65kgくらいある選手もいれば、50kgを切るような選手もいますね。
      ここはまだ僕自身答えは見えません。

  4. あむ より:

    コメントありがとうございます。

    体重や体型は課題が複雑すぎてこれだっと決めるのはやはり難しいですね

    脂肪に関しては、同じような考えです。痩せるだけが全てじゃないことがもっと浸透するといいなと個人的に思っています……

    貴重なご意見ありがとうございました。参考にさせていただきます。

  5. 太郎 より:

    こんにちは。
    クライミングのコンペティションはセッターの作った課題を登って競いますよね?
    そのセッター達の体格に近い選手はムーブを起こしやすくなる可能性もあるのではと思います。
    160前半のセッターや180センチ超えのセッターは少ないのでは?そしていても逆にリーチによる得手不得手を出し過ぎないように注意して作るのではと思われます。
    なぜ170と178なのかは分かりませんがそういった視点から見ると極端な体格の選手が勝ち上がるのは難しいことなのかもしれません。

    • mic より:

      コメントありがとうございます。
      確かにその通りで、セッターが身長差で有利不利がでないような課題を作れば、中心値付近のクライマーが登りやすくなるかもしれませんね。

  6. ボム より:

    いつも面白い記事有難うございます。
    自分クライミング始まって6か月で、4Qは大体オンサイトで3Qは少し登れないものがあって1Q、2Qは逆に登れるものが少しあるって感じです。私の通うジムがこんな感じだけかもしりませんが、個人的には自分のリーチがもっとあったら3Qはもちろん、2Qもほとんど登れるんじゃないかな?と思ってます。因みに身長は166cmで、リーチは158cmです。

    リーチが短いと同じように手が届くとしても体力をもっと使うから難易度が上がると思います。手が届かない場合は1~2Qくらいレベルが上がるんじゃないかと思います。中にはもちろん背の低い人に有利な問題もありますが、ルート全体をみれば強傾斜であってもホールドが全体的にリーチが長い人に有利です。自分では身長が低い人が高い人より有利なルートは多くみても1/10くらいじゃないかなと思います。強傾斜でデメリットもあるが、メリットもあるみたいにどっちが有利とはいえないルートもそこそこあるが、不利なルートが2/3を超えるんじゃないかと思います。まだ初心者のくせにこんなこと言うのもあれですが、第13回ボルダリングジャパンカップの問題も全部リーチがある人が有利な問題だと思います。1課題と5課題はリーチ158と183には一つ以上のレベルの違いがあって他にも0.5くらい差があるんじゃないかと思います。

    でもWCの映像をみたらリーチが長いと断然有利だが、他にも重要で必要とされる要素が多いですね。言い方あれかもしりませんが、1Qあたりではリーチだけあれば何とかなるがWCレベルになると必要な要素が多くて相対的にリーチが占める割合がかなり減るかなと感じます。

    自分は他の人と競うのも一つの楽しみですが、個人的にはボルダリングは自分との闘いだと思い、そういう意味では初段、2段になって楽しめるルートがだんだん減ってジム遠征とか行かないといけないよりはまだまだ楽しめるルートが多い方がいいかな?(笑)と前向きに思ってます。僕リーチだけじゃなく、柔軟性、運動神経も結構悪い方ですが、クライミングが他のどんな運動より一番努力が報われる運動だと感じてすごく楽しんでやってます。実はリーチだけじゃなく保持力とかも、鍛えて上達するのもあるが、元から上手い人がもっとうまくなるんですね。球技とか人と対戦する運動じゃないし、選手になりたいってことじゃなければ結局他人と比べても意味ないんじゃないかなと思います。リーチぎりぎりのときはすごい大変でそんなときがしょっちゅうあるのにそこをわかってもらえないのと、人より出来がちょっと悪いから自慢できない、自慢できる人がうらやましいってのが残念といえば残念ですが(笑)、これはクライミングだけじゃなく人生どんなことをやっても起こることでしょうね。

    • mic より:

      コメントありがとうございます。

      その通りで、僕も基本的には身長やリーチが長い方が得する課題は多いと思います。
      ただWCにもなるとその辺りは考慮された課題が多いのでしょうが。

      でも、おっしゃる通り自分との戦いなので、あまり気にしすぎる必要はないんですよねぇ。

  7. 匿名 より:

    はじめまして。いつも興味深く拝見しております。リーチの有利不利はよく聞きますが、手指に掛かる回転力についてはあまり語られないですよね。A(160cm)、B(175cm)の2人を例に考えてみると…
    Bの身長はAのx1.1(=175/160)でBMIが同一だとすると、体重は身長の二乗に比例するのでx1.21(=1.1^2)、末端の手指に掛かる回転力は概ね体重×身長に比例するのでx1.33(=1.1^3)となります。体重121%に対し筋肉量133%、この差は身長差が大きくなるほど拡大するので単純に考えて身長が大きいほうが不利だと思います。クライミングは手指の保持力だけではないし、筋肉量というよりは前腕の筋断面積になるので、そう単純ではないかもしれませんが。回転力を限りなくゼロに出来るスラブや垂壁では身長がある人の方が有利と思います。

  8. ap より:

    はじめまして。いつも興味深く拝見しております。リーチの有利不利はよく聞きますが、手指に掛かる回転力についてはあまり語られないですよね。A(160cm)、B(175cm)の2人を例に考えてみると…
    Bの身長はAのx1.1(=175/160)でBMIが同一だとすると、体重は身長の二乗に比例するのでx1.21(=1.1^2)、末端の手指に掛かる回転力は概ね体重×身長に比例するのでx1.33(=1.1^3)となります。体重121%に対し筋肉量133%、この差は身長差が大きくなるほど拡大するので単純に考えて身長が大きいほうが不利だと思います。クライミングは手指の保持力だけではないし、筋肉量というよりは前腕の筋断面積になるので、そう単純ではないかもしれませんが。回転力を限りなくゼロに出来るスラブや垂壁では身長がある人の方が有利と思います。

    • mic より:

      ありがとうございます。
      内容は私も概ね同意見です。
      もう少し突っ込むと、体重は身長の3乗に比例するのに対して、筋力は筋断面積に比例すなわち身長の2乗に比例する。
      なので身長が大きくなると体重のファクターが強くなり、身体を筋力で支えることは難しい。
      という感じですかね。
      なので例えば保持力大会とか懸垂大会があれば身長が低い人が優勝すると思いますよ。
      ただしクライミングは次ホールドを取るというゲームなので、リーチで届かせたり、足が残せたりする点で身長が高い人が有利になるわけですね。

  9. siz825 より:

    こんにちわ!
    突然のコメント失礼します。
    私は168センチの女性です。
    こちらの記事を読ませていただいてとても救われる思いでした。
    とゆうのも、私には悩みがありボルダリングを続けて行く事をやめようかとまでボルダリングをする事が苦手になってしまいました。
    最近、ライバル視してくる160センチの女性から私がリーチで得してる、下手だと中傷してくる為です。
    そうでなくとも、男性並みの身長だからと男性陣にはその課題が落とせて当然といわれ、女性には男性と同じ条件と思われ…自分も一年ほどグレード更新の壁を突破出来ず悩んでいた事もあり相当落ち込みました。
    女性で168センチである私の苦労の部分は無いものとされてしまいます。
    しかし、男性並みの身長があって届いても引き上げるパワーは男性並みにあるわけじゃありません。
    振られが起きた際に腕の力だけでは止まらないので体幹を鍛え脚の筋力を鍛え、柔軟ストレッチを欠かさず身体を柔らかくし、狭い課題も何とか出来るようになど、自分の身体で出来る事のムーブを可能にするためにやって来ました。
    いくらそれを説明しても、得してるな。とだけ思われて悔しい思いもしてきました。

    今回こちらの記事を読ませていただいて、私の感じて来た事は嘘じゃない。
    私のやって来た努力も間違ってなかった。
    自分に自信がなくなった事をふっと背中を押して貰えた気持ちになりました。

    クライミングは自分との戦いであって人と比べるものではないと思います。
    なので他人がどう思おうが、私は私で努力しているんだと自信を持ってこれからも登って行こうと思います。
    本当にありがとうございました!

    • mic より:

      コメントありがとうございます。
      そして記事が少しでもお役に立てたのなら嬉しいです。

      ちなみに僕の意見を書いておくと、
      「リーチで得してる」はまだ良いとして「(リーチを使うから)下手だ」と中傷するのは、クライミングというスポーツにおいて全くの的外れな言葉ですね。
      クライミングは”登る”ことが目的です。
      登れれば良いのです。
      下手とか上手いとか関係ないんです。
      リーチという天賦の武器をフルに使うべきだし、それは他の人がどんなに羨んでも手に入らない大切なものです。
      そして身長が大きいことによる不利な面を克服するというその努力も素晴らしいし、クライミングに対する真摯な姿勢です。

      ちなみに僕も身長こそ171cmと普通ですが、横リーチは178,9cm程度ありかなり恵まれています。
      横リーチがあることは特段不利なことも無いですし、基本的に得しています。
      でもこのことをもし「ズルイ」などと言う人がいてもたぶん何にも気にしないですね。
      この横リーチは僕が持っている大切な武器なので、これを活かしてどんどん登っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。