ロッキー印西店でセット!

4月2,3日(月、火)で千葉県のボルダリングジムであるロッキー印西店でセットをしてきました。

ロッキー印西店は通称メガロキとも呼ばれ、とにかく広く壁も色んな傾斜が用意されていてコンペ的な練習にもトレーニングにも最適なジムです。

僕にとっても、妻のむっちゃんが勤務していた店舗だったし、思い出深いコンペに何度も出場したジムであったのでセットをさせていただいて感無量でした。

特に110度の壁は僕とむっちゃんだけでセットさせてもらい、ウエダウォールとなっています。笑

 

どのセッターの課題も個性的な課題が多くてきっと登りごたえがあると思います。

僕が特に印象に残った課題を挙げると、1つはオカケイさんのNew壁のアンブルの半玉を使った若草で、見た目とムーブがナイス過ぎます。

結構難しめですが。

 

もう1つはシンタさんのUFOの赤いボテを使った紺で、クライミングに必要な要素を色々と求められる良い課題です。

これぞまさに紺のドンピシャスタンダードだと言えると思います。

 

みんなでボロボロになるまで試登して作り上げたので是非機会があったら遊びに行ってみてくださいー。

僕も次のセットまでに普通に登りに遊びに行きたいですね!

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. jun3jun より:

    いつも楽しみに拝読しています。印西ロッキーをホームとしている者です。今回のセットもムーブを考えながら何度もチャレンジして登れる楽しい課題でした。

    ところでセットの作り方について記事にしていただければと思います。まぶし壁でルートを作るのと異なり新規にルートを作るのは制限がなさ過ぎて自由すぎるので逆に難しいのでは無いかと感じました。ホールドのメーカーや色を揃える傾向はあると思いますが、こんなムーブで登るようにとか、核心をこうしようとしてからゴール、スタートまで作っていくのかとかのセッターならではの思考過程(セッターによって違うと思いますが)に興味が湧きました。
    勝手なことを書いてすいません。

    • mic より:

      ありがとうございます!

      ラインセットでの課題の作り方ということですね。
      セッターとしてはヒヨッコの僕が記事にすることはおこがましいのですが、たしかに自分の頭の整理という意味でも書いてみたい気もしてきました!

      もしかするとその内まとめるかもしれませんので、あまり期待せずに記事をお待ちください!笑

  2. jun3jun より:

    お返事いただきありがとうございます。楽しみにお待ちしています。

    わたしは今のロッキーで5級は大体登れて4級も半分くらい登れるくらいと言う程度の実力ですが、今回はウエダウォールの4級とその右側の壁の4級がまだ登れていないという感じでロッキーのグレードが辛くなってからは最も甘い感じです。(多分ウエダウォールの4級は今の自分には無理っぽい感じですが)

    ウエダウォールの4級はかなり強い人が苦労してやっと登っている感じ、その右の壁のフィギュアフォーの課題は最強の人たちが、まだみんなぶら下がってムーブを検討中という具合で本気トライはまだ出来ていない状態、他にスラブの4級、3級あたりが人気課題となっている感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。