小川山クライミングを全力で楽しむ2017秋

ちょっと忙しくて更新が滞っていますが、とりあえず岩日記を書いときます!

一昨日から、2泊3日で小川山に行ってきました。
今回は雨に降られることもありましたが、ボルダー、スポート、トラッド、マルチピッチと3日間で色々楽しみました。
クライミングを始めて8年間くらいほとんどボルダリング中心でしたが、ここにきてようやく色々なクライミングができるようになり、クライミングそれ自体の見え方もガラリと変わりました。
引き続き色々と手を出してクライミングの幅を広げたいです。

ちなみに3日間はこんな感じ。

1日目
・ボルダー:親指岩下ボルダーで遊ぶ
・スポート:五月の雪 5.10c
・トラッド:イムジン河 5.11c/dに敗退

2日目
・スポート:小川山物語 5.9
・マルチ:レモンルート(5P) 5.9

3日目
・トラッド:イムジン河を再び!
・ボルダー:ヴィクターで遊ぶ

親指岩下の露岩チムニークラックの6級。見た目よりツラい
変換 ~ 露岩クラック

小川山物語(ストーリー、と読む)。文句なしの三ッ星ルート
ランナウトしているところもあり5.9にしてはスリリングだが、小川山でルートをするなら絶対に登りたい一本
変換 ~ 小川山物語

レモンルートの頂上部から。2人だけで初めてのマルチだったが無事に全ピッチOS!
慣れていない懸垂下降は70m1本で5回もやった。笑
変換 ~ レモンルート

イムジン河。忍者返しの初登でも有名な池田功さんが1982年に初登したスーパークラシックルート
あまりにも消耗していてマントルを返すのにレストが3分くらい必要だった。
変換 ~ イムジン河

イムジン河の動画

あと、だんだんと小川山の全貌が把握できて最近楽しいです。
1日目一緒に登ったしょうじさんに薦められた「Field Access 2」というアプリが840円するのですが、GPSなどを記録するのにオススメ。
行った岩の情報が細かく記録できるので面白い&迷わない&ショートカットとか思いつき易い。
変換 ~ Field Access2

さて、次は何を登ろうか。
この流れでスーパーイムジンをやりたいけど、その前にハンドジャムからもう少し基礎を固めないと。
というかそろそろインドアボルダーの力も戻さないとな。
やることが多すぎる。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください