CLIMBERSの「データで読み解く最強ボルダラー」を手伝わせていただきました

 

ソル・メディアさんが四半期に一度出しているクライミングのフリーペーパー『CLIMBERS』

その第6号(Winter 2017)の特集である「データで読み解く最強ボルダラー」を手伝わせていただきました。

 

この特集を簡単にご紹介すると

・2017年のボルダリングワールドカップの上位選手の成績を数字できちんと定量的に把握

・準決勝と決勝の課題をタイプ分けしどの選手がどのタイプの課題に強いかをレーダーチャート化

・その上で今シーズンのトピックをデータから読み解く

というものです。

僕は担当の方とのアイデア出しから協力させていただいて、課題のタイプ分けや文章を書く部分を手伝わせていただきました。

詳しい内容は実際に読んでいただけると嬉しいのですが、パフォーマンスを数字で把握するという他のメジャースポーツなら当たり前になされていることをクライミングで実現した小さな一歩目になったのではないかと思っています。

もちろんまだまだたくさんの突っ込みどころはあるとは思いますが。

 

それとソル・メディアさんはサッカー雑誌『footballista』などを出しているだけあってまとめ方も上手いですし、担当の方も非常にクライミングに対する考えが良い意味でゼロベースで柔軟でやり易かったです。

僕一人なら”こんなデータ絶対色々文句言ってくる人いるし、炎上するかもしれないし出せない、、、”と臆していたかもしれません。

ビジュアルもすごい綺麗に作ってくださり視覚的に大分入ってきやすいのでは。

でもまだまだ「数字」「グラフ」というだけで多くの方が読むことを敬遠してしまうことも事実なので、このあたりの噛み砕き方は僕のブログ含め宿題ですが。

 

今回の『CLIMBERS』はその他にも藤井快選手のインタビューという目玉コンテンツもあり、非常に充実しています。

初期の『CLIMBERS』からは結構進化していると思うので、クライマーの方も読んでみたらきっと楽しめるはず。

全国の多くのクライミングジムで手に入ると思いますのでみなさんもし良かったら手に取って読んでみてください。

ではでは。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください