科学するクライミング3~続・前腕が太いと保持力は強いのか~

前回の前腕と保持力の関係の実験に関して追加で1人データを取ったのですが、 それが興味深かったので非常に簡単にですが追記を書きたいと思います。 目次 ■追加実験者の概要 ■結果 ■考察 ■終わりに ■追加実験者の概要 追加データを取ったのはりょーが君で、僕が間近で登りをよく観察したことがあるクライマーの中では恐らく最もカ […]

科学するクライミング2~前腕が太いと保持力は強いのか~

久々の科学するクライミングシリーズ。 今回は前腕の太さと保持力の関係です。 年始に周りのクライマーにも協力してもらって調べてみました。 目次 ■はじめに ■検証方法と注 ■測定結果 ■考察 ■終わりに ■はじめに ホールドを保持する力、所謂”保持力”は一体何で決まるのでしょうか。 保持といっても […]

クライミングにおける「最も弱い環の原則」の”悪循環”

今回は普通の日記っぽいものを。 最近になってまたよく考えている「最も弱い環の原則」の”悪循環”を、自分の過去のクライミングを思い返しながら書いてみようかと思います。 至極当たり前の話しかしてないですが、自分の中で何となく文字にしておきたかったので。 目次 ■はじめに、「最も弱い環の原則」とは ■ […]

クライミング市場動向3~競技人口の他スポーツとの比較~

市場動向シリーズ第三弾。 前回の記事ではクライミングの競技人口を推定し、その結果50.2万人となりました。 一部からこの推定値が大きすぎるのではないかという声も聞かれますが、とりあえずある仮定から出された数値として認めて、今回はこの競技人口を他のスポーツと比較してみます。 あとすごい簡単ですがクライミングが今後進む方向 […]

ボルダリングのVグレード以前のグレード体系と、いろいろ雑感

いつも堅苦しい記事ばかりだと僕も読む方も疲れるので、今日はいつもよりは簡単めに書こうと思います。 少し前にFace Bookなどでシェアされていた10 Things You Didn’t Know about Bouldering Grades(ボルダリングのグレードに関してあなたが知らない10のこと)でV […]

クライミングのルールの考察3~ボルト穴は使用可能か~

※以下記事で後日再度整理をしています クライミングのルールの考察4~掲示物・ボルト穴の使用に関して再整理~ 2014年からボルト穴の使用に関してルール変更があったので、今回はそのあたりのルールを詳しく見ていきたいと思います。 目次 ■2013年までのルール ■2014年の改定で明らかになった点 ■使用禁止の意味 ■残る […]

クライミング市場動向2~競技人口の推定~

こんにちは。 前回のジム店舗数に続き市場動向第二弾。 今回はクライミングの競技人口を推定してみようと思います。 注: 本記事には実際のジム名が多く登場しますが、web検索でたまたま引っかかったジムの数値を使わせていただいているだけであり、深い意図はありません 目次 ■競技人口の定義 ■推定に対するスタンス ■前提 ■推 […]

朝活、九州ツアー、そして上半身強化月間

またまた最近の外岩の活動などを書きたいと思います。 本当はいろいろクライミング関連の記事も書きたいのですけど、まぁシーズンなので仕方がないっすね。 ■朝活 今春頃に「朝塩原」という朝の6時くらいから9時くらいまで塩原でボルダーを登るという企画が周りで流行っていたのですが、最近は朝の時間を活用して奥多摩方面に行ったりして […]

The Two Monks 完登

NO IMAGE

こんにちは。 普通の岩登り日記が続きます。 本日、ついにThe Two Monksを落としました! おそらくトータルで6,7日は打ったかな? 今まで1度も止まらなかったリップが今日はすんなり止まり、マントルなどで苦戦はしたものの完登することができました。 何が今までと変わったのでしょうか。 保持力は多少はついたとは思う […]

因縁のスチャダラに決着、あるいは故障についてあれこれ思うところ

NO IMAGE

今回は久々に普通の日記っぽい感じで。 2014年9月20日に神戸(かのと)に行ってきました。 そしてようやく因縁のスチャダラを完登! 左足つま先で粒に乗り込むムーブが大の苦手で、毎回そこでつまづいていたのですが、半年ぶりくらいにやってみたらなぜか安定してできました。 そして何より嬉しいのが、右手首の怪我が回復してすぐに […]

1 24 25 26 27 28 34