トレーニング

1/3ページ

クライミングを「広げる」こと「集中する」こと  2年ぶりのボルダリングコンペ!

同じジムの仲間にふと誘われ、BLoCというボルダリングコンペに参戦することが昨年末くらいに決まった。出場したのは2020年2月29日のRd.3 ピラニア南アルプス店戦。 数年前はコンペに数多く参戦していたけれど、BLoCは3年以上ぶり、コンペ自体も2017年末にBJCの予備予選に出て以来おそらく参加していないので2年以 […]

85%の10トライより、100%の1トライ

ここ2ヶ月ほど岩に行く頻度を減らして少し真面目にインドアでボルダリングを中心に取り組んできた。体重は依然として増えたままだが(これが歳ってやつか?ヨセミテで下半身筋肉付いた?単に食べている?)、調子は概ね戻ってきたように思える。だが、やはりあと一歩限界を超えられない。いつも通りの動きから抜け出せない。以前ブログに書いた […]

ボルダリング3級のために、今一度見直すべき基礎とは

昨日2020年1月18日、ボルダリングジムUNDERGROUNDにてボルダリング検定が行われました。ボルダリング検定自体の概要に関しては、HPやブログの過去記事あたりを参考にしてください。僕はボル検ではディレクターと言って、課題全般のタイプやグレードが適切かどうかを担保することが役目です。更に検定会が終わった後、受験者 […]

クライミングの”器”自体を大きくする

ヨセミテから帰ってきて2週間程が経った。未だにツアー前のクライミング力に全く戻っていないけれど、ここからの自分のトレーニング方針について書いてみる。    最近2年間のトレーニング ここ2年ほどはボルダリングコンペに出なくなり、岩を中心にシングルピッチのクラックから始めヨセミテのビッグウォールに向けてトレーニングをして […]

瑞牆・末端壁で1人でクラックトレーニング

6/16,17と1人でしたが、最近ジャミングをしていなくて衰えている気がしたのと、もう6月中は岩に行けそうになかったので単独で瑞牆・末端壁へ。 日頃からやろうやろうと思っていたけれど後回しになっていた、・ロープソロを自分で考えて実践する・限界までクラックを登りこむをやってみましたので、その備忘録的なものを書きます。   […]

綺麗な課題だけをやる弊害はあるのか

連日のセットとコンペ準備で疲れているので簡単に書きます。ほとんどタイトルで完結していますが、今回はクライミングにおいて綺麗な課題だけをやることの弊害はあるのかということについて。これも自分の中であまり結論が出ていないテーマです。    綺麗な課題ってなんだ まず「綺麗な課題」とはなんぞやということなのですが、どちらかと […]

クライミングでグレードのステップは踏んでいくべきか

ボルダリングでもリードクライミングでも次に取り組む課題のことを考えるとき、思い切って挑戦するグレードを上げるか、それとも今の限界グレードと同程度の課題をいくつかやってからグレードを上げるか、という悩みを持つ人は多いだろう。この悩み・疑問に対してクライミング武闘派としての回答をするなら「やりたい課題をやれ!」「グレードな […]

もしボルダリング初心者に戻ったら何から始めるか

今週末はボルダリング検定in名古屋プレイマウンテンに運営として参加してきた。今回は受験者に対して、課題が求める要素、なぜ落ちてしまったか、どうすれば登れるようになるか、などをお話させていただく機会があった。特に5級クラスを受験する方などはたぶん僕が話したことの中には初めて意識するようなこともあっただろうし喜んでもらえた […]

片手懸垂が手っ取り早くできるようになる方法

2年半くらい前に片手懸垂に関してこんなブログを書きました。 片手懸垂への道、ならびにクライミングにおけるその必要性 この記事の最後にも書いたようになぜかその後また片手懸垂ができなくなってしまい、いくつかの試行錯誤をして時期によってできるときとできないときを繰り返していました。 その結果、上記記事のやり方でも片手懸垂には […]

1 2 3