佐渡島 ぼくらの七日間戦争 5

5日目 外海府の海に行くことに。 バスの本数が異常に少ない。1日2本とか。佐渡のさらにこんな山奥に住んでいたら、もっとずっと違う人間になってただろうな。良い意味でも悪い意味でも。 海 こんなに澄んでる 謎の洞窟へ入ってみることに 伝説で佐渡の反対側まで続いていると言われているらしい。コウモリの数がすごい。 mic 「足 […]

佐渡島 ぼくらの七日間戦争 4

4日目 毛虫のあまりの多さのため縦走は中止し、下山して魚を釣りに行くことに。 釣具屋のおじさんに聞いて、両津近くのバスが釣れるという池へ。 道の途中にカッコイイ鳶。 俺は釣りはほとんどはじめてなのでまずテツがルアーを投げる。 テツ「こーゆー風に、竿をしならせて投げて、そんでこうやってリールを巻くの・・・あっ!当たった! […]

佐渡島 ぼくらの七日間戦争 3

3日目 この日はドンデン山に行くことに。 たしかこの辺。 (http://daik.blog.so-net.ne.jp/2008-09-16より) この時期はバスがなかったので、タクシーで登山道まで行くことに。 しかし佐渡はタクシーの運転手も規格外。 乗ってるとき プルルップルルッ 運転手「おう、何だ?あぁ今?山むかっ […]

佐渡島 ぼくらの七日間戦争 2

2日目夜 最後の砦『海賊』も休業。 もうこうなったら開いている店どこでもいいから入ろうということになり、見つかった店がここ。 『彩花亭』 なんかすごくオシャレな雰囲気。ここは佐渡なのか。 なんとなく煮込みハンバーグを注文。 めちゃくちゃうまい。しかもサラダとコーヒーをサービスしてくれた。店のおばちゃん素晴らしすぎる! […]

佐渡島 ぼくらの七日間戦争 1

先日中学校からの友人テツ君と佐渡島に1週間行ってきた。僕は屋久島へ行きたかったのだが、テツの「佐渡は山あり海あり川あり。まさに日本の縮図!」という言葉に魅せられ佐渡島へ行くことにした。 まず佐渡島の位置は以下の図。新潟県に属する。島全体で佐渡市という一つの市である。 (wikipediaより) 佐渡島はトキ、能、金山な […]

中学生にもわかるライブドア事件

今回はライブドア事件を中学生にも理解できるようにわかりやすく説明したいと思います。   はじめに 2006年にライブドア元社長の堀江貴文氏が逮捕されたことはおそらくほとんどの皆さんがご存知だと思われます。しかし堀江氏が「どのような罪に問われているのか」を簡単にでもわかっている方はどのくらいいるでしょうか。先日試しに友人 […]

MindsetSchool 三谷宏治さん

”選ぶ能力!本人に選ぶ能力がないじゃないか!”『時計じかけのオレンジ』スタンリー・キューブリック 先日東京大学M1の安斎勇樹さんが運営するMindsetSchoolに参加してきました。講師はBCG(ボストンコンサルティンググループ)・アクセンチュア出身の三谷宏治さんです。   内容について テーマは「正しく決める力」僕 […]

『1Q84』の解釈・感想

*この記事は村上春樹氏の小説『1Q84』に関する物語のあらすじ・核心に触れますので、知りたくない方は御注意ください。 『1Q84』を一応2度程読んだ。(「一応」と書いたのは2度目は多少細部を飛ばしたからだ。)まず感想を素直に言えば「非常に面白かった」。ここまで読み手を飽きさせることなくグイグイと引きつける小説は少ないと […]

『1Q84』にみる村上春樹氏のスタイルと文学に対する姿勢

昨日村上春樹氏の『1Q84』を購入し今朝の4時頃読み終えた。 物語の核心に対する僕の解釈・感想を書こうと思うのだが、その前にまずは村上春樹氏がどのような姿勢で小説を書いているのかを僕なりに考えてみた。 批判は苦手なので褒めちぎります。これでもかってぐらい。   気持ちの伝達の限界 僕が思っていること・感じていることを誰 […]

蟹交線 あとがき

蟹交線 あとがき しゃべりたがりなもので、不要かもしれませんがあとがきを書きます。 ①きっかけ 友達とのとある悪ふざけから横にしか歩けない蟹というものを思いつきました。 そして「横にしか歩けなかったら軌跡が平行な蟹どうしって出会えないなー、あでも直線は球面上では大円だから地球上なら会えるか」などと考えが進んでゆきこの作 […]

1 33 34 35 36