佐渡島 ぼくらの七日間戦争 5

・5日目

外海府の海に行くことに。

外海府

バスの本数が異常に少ない。1日2本とか。
佐渡のさらにこんな山奥に住んでいたら、もっとずっと違う人間になってただろうな。良い意味でも悪い意味でも。

海

こんなに澄んでる

クロックス

謎の洞窟へ入ってみることに

洞窟

伝説で佐渡の反対側まで続いていると言われているらしい。
コウモリの数がすごい。

mic 「足元めっちゃぬるぬるしない?」
テツ「コウモリのフンだよ」
mic 「げ」
テツ「あのさすごくイヤなこと思い出した」
mic 「何?」
テツ「プラネットアースで見たんだけどさ・・・コウモリのフンの山にゴキブリが大量に群がってた映像」
mic 「リターン!」

昼飯

昼飯

海からすぐに川

海からすぐ川

テツ「あのさこんな不便な地にあの電柱1本立てるのにどれくらいのお金かかるんだろ」
テツ「あの石畳とか、昨日の山小屋とかも人が作ったんだよなー」

お前はコペル君か本当に。

旅と友はいつも僕に多くのことを教えてくれる。

佐渡島 ぼくらの七日間戦争 1 2 3 4 5 6

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください