mic

1/36ページ

梅雨の瑞牆 末端壁で「泣きっ面」を登った

梅雨真っ盛りでなかなか岩場のコンディションを掴むのがなかなか難しいですが、雨の隙を突いて何とか登っています。ロープソロの練習をしたり、末端壁の「泣きっ面」が登れたりしたので日記を書きます。   1人で久々の末端壁 前回はむっちゃんの予定が合わなかったけれど、改善したロープソロのシステムを試したかったので1人瑞牆の末端壁 […]

ボードゲームを分類してみた

前回ブログで最近色んなボードゲームで遊んだとを書きましたが、その中で パッチワークは、布地の初期配置が毎回変わる(ここは適当に決める)ものの、一度配置が決まればそこからはランダムさも無くお互いの情報は完全に公開されています。つまり完全に読み切れるコンピュータがプレイしたならば、初期配置で先手と後手のどちらが勝つかはたま […]

最近遊んで面白かったボードゲーム ベスト5

元々ボードゲーム(広義にカードゲームなども含む)は好きな方です。小中学校時代はポケモンカードに夢中になり大会にも足を運び、大学時代はオセロにのめり込み全日本選手権にも出場し三段を取得しました。麻雀もそんなに強くはないですが、学生時代は毎週のように徹マンをし成績・戦術ノートを付ける時期もあるくらいハマっていました。 そし […]

雨でも充実 2ヶ月以上ぶりの瑞牆・湯川

先週、今週と久しぶりに長野・山梨方面へクライミングに行きました。雨で予定の半分くらいしか登れなかったですが、それでも楽しかったです。やはり瑞牆は特別な場所ですね。簡単なクラックしかやっていませんが、日記を書いておきます。   湯川でテレポーテーション、テレパシー、など 先週はメイちゃんがクラックをやってみたいというので […]

クライミングで、1つの課題に執着すべきか、手広く攻めるべきか

ジムのトレーニングでも、岩場で登るときでも「1つの課題を登り切るまで執着するか、ある程度で見切りを付けて次の課題に移るか」という判断にいつも悩む。 “その課題に執着しても今の実力では完登は難しい。でもこだわりたいし、何より頭から離れない”“目標課題が登れるまで、他の課題は触りたくない […]

2ヶ月ぶりの岩、4年ぶりの御岳

久しぶりに岩に行った。最後に行ったのが4月3日の小川山なので、2ヶ月以上ぶり。まだジムでの登りも戻っていないし、軽くボルダーでもしようと思い御岳に。実は御岳で登るのも4年ぶり! だらだらしていたのもあり到着時刻が11時頃になってしまい、御岳は既に夏の暑さ。カモシカも水浴びしていた。 <ニホンカモシカ?川にずんずん入って […]

『Rock & Snow 088』の宣伝&見どころ

本日2020年6月8日に『Rock & Snow 088』が発売されました。自宅トレーニング特集、インタビュー、登攀記、開拓記、と今号も盛りだくさん。やはり一番印象的なのは、今年3月に城ヶ崎で亡くなった杉野保さんの追悼記事。 個人的に面白かった記事や自分が関わった記事について紹介します。 <ロクスノ88号>   […]

選手別のリードW杯決勝分析 ヤンヤ、アダム、チェヒョン、の強さ

先日、過去5年のリードW杯の決勝を対象に「最終競技者は優勝しづらい傾向があるのか?」ということを調べました。結果は予想に反して、最終競技者がほぼ50%の割合で(67回中33回)優勝となりました。つまり準決勝をトップ通過した選手は最終競技者というプレッシャーがかかる状況下であっても、やはり割合的に最も優勝しているというこ […]

ステイホーム期間をポジティブに振り返る

新型コロナウイルス騒動の影響から、4月7日に緊急事態宣言が出され全国的にステイホーム中心の生活となりました。緊急事態宣言は解除されたものの東京はいまだに油断ならない状況であり、またいつ逆戻りするかはわかりません。ただ現在はクライミングも徐々に再開し、変容した形ではあるものの日常を取り戻しつつあります。 ということで、個 […]

クライミングのリードで、最終競技者や後攻は不利なのか?

以前にボルダリングジャパンカップ決勝の競技順と優勝者の関係や、リードの後攻不利仮説についてブログを書きました。 <世界選手権2018女子決勝で考える、リード種目の競技順の影響> 上の記事で述べたことは、・BJCでは準決勝1位通過(決勝で最終競技者)の選手は第2回から第12回まで1度も優勝できなかった。(第1回は準決勝な […]

1 2 3 36