2017年ボルダリングWC最終戦前のランキングとすげー細かい話

さて、いよいよ2017年のボルダリングワールドカップ(以下、BWC)も8月18,19日のミュンヘン大会(書いている時点で今日明日)をもって最終戦となりました。 ニュースやSNSでもそれなりに話題となっているので、今更僕が見どころとかを書くのも何か違う気がするのでmickipediaらしく少しマニアックに「データ」と「ル […]

北海道旅行の隙を突いてクライミング 2017年夏

たまにはクライミング日記でも。 むっちゃんの両親との普通の北海道旅行の絶妙な隙を突いて、ちょこっとクライミングしてきました。 ■名寄・見晴岩 名寄の見晴岩はリードクライミングの課題が豊富なエリアで、旭川の北に位置します。 旭川空港からは車で1.5時間程度。 あの吉田和正さんが国内切ってのハードなルートを開拓したことでも […]

クライミングにおける認知的不協和をどう解消すべきか

今回は、昔に書いたセルフハンディキャッピングの記事に続く、クライミング心理学第2弾。 テーマは「認知的不協和」です。 目次 ■認知的不協和とは ■認知的不協和は行動を持って解消すべき ■自分のクライミングでの過去の例 ■クライマーは認知的不協和をどう解消すべきか ■終わりに ■認知的不協和とは まず認知的不協和とは何か […]

クライミングのルールはIFSCが全てではない

NO IMAGE

今日は続けざまにクライミングのルールに関する以下の様なツイートをしました。 MoBの女子決勝第2課題で野中選手が壁のビス穴(繋ぎ目?穴の跡?)を使ってざわつきましたが、全くルール上問題ないです。実況のレイ君や野中選手自身はルールを熟知していてさすが。参考https://t.co/MDNOgs0tf6https://t. […]

ボルダリングのグレードの足し算

ボルダリングの課題を作っていると、2つの課題の繋げモノ的な場合にグレーディングに迷うことがあります。 例を挙げると、2級の課題をやった後にまた短い2級的なムーブが入る様な課題をグレーディングする場合です。 課題を通してのマックスの強度が2級に収まっているから2級とするのか。 それとも前半の2級よりも明らかに悪いのだから […]

一人でクライミングできることが、上達するための必要最低条件

NO IMAGE

最近自分のクライミングもそれ以外も色々と手を出しているため何かと忙しく、ブログの更新が滞っています。 昔に掲げた1ヶ月に記事4本を守れず、最近は月3本になってしまっている、、、。 その内落ち着いたらこのブログmickipediaも色々とテコ入れしたいんですがね。 まぁこういう時は小難しい記事でなくて、ハードルを下げてラ […]

2017ボルダリングWC、男子年間チャンピオンの行方を考える

最近は色々なメディアでボルダリングワールドカップ(以下BWC)が取り上げられていますね。 中には年間ランキングのことも扱う記事もあったので、どこかが今年の年間チャンピオンがどうなるのか考えてくれるかと思いましたが今のところ無さそうです。 であればmickipediaで昨年に引き続き考えてみましょうかね! (参考) 20 […]

Color of Fire 2017の感想と少しわかったこと

6月17日(土)に印西ロッキーで「Color of Fire 2017」があり、それに出場してきました。 このコンペは年代別にカテゴリーがわかれていることに加えて、男女ペアで競うダブルスというカテゴリーもある、幅広い人が楽しめる関東の名物コンペです。 なんと300名もの参加者が集まります。 僕は30~34歳のミドルとい […]

ロクスノ76号とスポーツクライミング教本

6/6発売の『Rock & Snow 076』に定期連載を含めて記事を書かせていただいたのでその宣伝と、今話題の東さんの『スポーツクライミング教本』をいただいたのでその感想を書きたいと思います。 ・ロクスノ076 定期連載の「僕らは考える石ころである」の今回のテーマは、練習の密度。 前々からお客さんを観る中で […]

永遠に登る

6月1,2日(木、金)に岡山の稲垣さん・柳瀬さんに誘われ、むっちゃんも加えて小川山でクラックとマルチピッチをほぼ初めて体験してきた。 何から何まで手取り足取り教えてもらってお世話になりっぱなしだったので、一緒に行ったと言うよりはほぼガイドしてもらったという形に近かっただろう。 ・ド敗退した「カサブランカ 5.10a」( […]

1 17 18 19 20 21 36