岩場の記録

3/5ページ

カムはなぜ決まるのかを初等力学で考える 後編

カムはなぜ決まるのかの後編です。 前編ではカムの力学的作用について考えたので、後編ではカムの歯の数学的特徴について少し詳しく見ていきます。 <前編> カムはなぜ決まるのかを初等力学で考える 前編     カムの歯の特徴のおさらい 前編でも何度も述べましたが大切なことなので何度も書いておくと、 カムは […]

カムはなぜ決まるのかを初等力学で考える 前編

アメリカンデストライアングルの考察に続いて、初等力学で考えるシリーズ。 今回は「カムはなぜ決まるのか」。 <アメリカンデストライアングルの記事> アメリカン デス トライアングルを初等力学で考える アメリカン デス トライアングルを初等力学で考える(同一スリング長での比較) カムの構造をしっかり捉えようとすると少し難し […]

クライミングのスタイルは強要すべきではないが、知っておくべき

クライミングには様々な種類があり、更にそれぞれに多様なスタイルがあります。 とてもシンプルなボルダリング1つをとっても ・登る前に動画や他人の登りから情報を得るか ・スタート以外のホールドを事前に触るか ・パート練習をするか(いわゆるバラし) ・トップロープを張って練習をするか ・マットを使うか ・マットを2枚以上重ね […]

瑞牆で簡単なマルチ継続登攀、アレアレア1P目、アプリオリ

8月はもうあと1回くらいしか瑞牆へ行けなそうなので、最近登ったルートなどを簡単にまとめておきます。 早く涼しくなってほしい―!     山河微笑~錦秋カナトコルートの継続登攀 僕らはマルチピッチは時間がかかってしまうことが多いのと、1ルートやるだけでヘロヘロになってしまいがちです。 ですので今回はス […]

あのクライマーは何歳? 代表的なクライマーの生まれ年

今度ライノで「男子35歳、女子30歳以上のコンペ」というものをやるのですが、その話をみんなでしていると結構「あのクライマーって何歳だっけ?」となることが多かったです。 詳しい年齢とか、どのクライマーが誰より年上とかって自分と近しい場合しか覚えていないものなのですよね。 というわけで今回は代表的なクライマーの生まれ年を一 […]

チッピングの分類・整理 「那由多」消滅の異質さ

下呂のワールドロックのホールドが大幅に変化した。(注1) おそらく何者かにチッピングされた可能性が高いとのことである。 それによって国内最難のボルダー課題である「那由多」V16をはじめとし、多くの課題が実質的に消滅した。 この件に関してできるだけ客観的にチッピングというものを捉えて、今回の事件の異質さを考えてみたいと思 […]

アメリカン デス トライアングルを初等力学で考える(同一スリング長での比較)

前回の記事でアメリカンデストライアングル(以下、ADT)において上2つのボルトにかかる力を初等力学で求めました。 アメリカン デス トライアングルを初等力学で考える しかしfacebookやtwitterで突っ込まれたのですが、実はこの議論は現場に適用するには厳密には正しくなかったのです。 なぜかというと、実際は一定の […]

アメリカン デス トライアングルを初等力学で考える

今日はクライミングの中でも少しマニアックな話。 マルチピッチクライミングなどでの作法をきちんと力学的に自分の頭で整理しておきたいなと思っておりまして、今回は非常に簡単ですがその第一弾。 アメリカン デス トライアングルを初等力学(というか高校物理の初歩)を使って考えてみました。 アメリカンデストライアングルとは 声に出 […]

岩場間でのグレード差を定量的に比較してみる

この1月~3月は岩場ではリードクライミングを中心に楽しみました。 特にスポートルートは二子山に6回、御前岩に4回行きまして、ボルダーが中心だった自分にとっては初めてスポートルートをそれなりに登り込んだ期間となりました。 しかしそこで少し戸惑ったのは岩場間でグレード差がかなりあることです。 一般に言われていることですが、 […]

二子山で色々と登った、2018年1月~3月シーズン

今年の1月から3月にかけて二子山で計6日ほどクライミングを楽しみました。 どうやら僕はこの二子山の虜となってしまったようで、蓋を開けてみれば今のところ今シーズン一番通っている岩場となりました。 一応昨日「任侠道」が登れ一区切りが付いたので、簡単に二子山のことや登った課題のことを書いてみたいと思います。 <1年前に1度来 […]