長い梅雨の20年7月 なんとか登ったり、開拓・整備に協力したり

特別何を登ったわけでもないですが、簡単に最近の岩でのクライミングなどの日記。   瑞牆などで雨の中岩と戯れる 例年以上になかなか梅雨が明けないですね。毎日のようにどこかの時間帯で雨が降っている印象です。なので岩場で成果を出すようなクライミングすることは半ば諦めているのですが、それでもなんとか登れるところを探して無理矢理 […]

残りのクライミング人生で、あと何課題登れるのか

2009年4月頃からクライミングを始めたので、いつの間にかクライミング歴11年が過ぎていた。クライミング歴自体にあまり意味はないと思うけれど、随分と長く続けたものだ。そして、今後いつまでクライミングが続けられるだろうか、あとどれだけ岩を登ることができるのだろうか、などがふと気になった。 ということで今回は、自分がこれま […]

ボルダリングWCの優勝者の完登傾向を知る

前回に引き続きボルダリングワールドカップ(BWC)の完登傾向の分析。今回は優勝者に絞って、・優勝者の平均完登数・優勝者が強い課題順・優勝するために登らなければいけいない課題あたりを調べていきます。 <前回記事:ボルダリングWCの難易度は変わったか>    方法・前提 前回と同じなので簡潔に書きますがが、分析の方法や前提 […]

ボルダリングWCの難易度は変わったか

自分が気になったことを調べる、コンペ分析シリーズ。今回はシンプルに・ボルダリングワールドカップ(BWC)決勝課題の難しさは変化しているか・BWCで優勝するには何完登程度必要か、登らないといけない課題は何か等を見ていきます。 優勝者の分析は後編に回し、この記事はまずは完登率等を中心とした基本的なデータを見ていきます。   […]

2020年4月~6月に読んで面白かった本

四半期に一度の面白かった本シリーズ。 今回は4月に緊急事態宣言が出たこともあり“ステイホーム期間中にたくさん本を読める!”と思ったのですが、結果的にそれほど読書には時間を当てられず。クライミングをする時間が減っても、結局何か新しい別のことを始めてしまい何だかんだ忙しかったです。読書の時間は意図的 […]

クライミングシューズ「Theory(セオリー)」の感想

Sportiva(スポルティバ)から今シーズン発売されたクライミングシューズのTheory(セオリー)。SNS等ではかなり良いシューズだというレビューをいくつか目にします。 僕はスポルティバのFutura(フューチュラ)を長らく愛用しています。新作シューズも時折試すのですが大抵は、”やっぱりフューチュラだ、 […]

梅雨の瑞牆 末端壁で「泣きっ面」を登った

梅雨真っ盛りでなかなか岩場のコンディションを掴むのがなかなか難しいですが、雨の隙を突いて何とか登っています。ロープソロの練習をしたり、末端壁の「泣きっ面」が登れたりしたので日記を書きます。   1人で久々の末端壁 前回はむっちゃんの予定が合わなかったけれど、改善したロープソロのシステムを試したかったので1人瑞牆の末端壁 […]

ボードゲームを分類してみた

前回ブログで最近色んなボードゲームで遊んだとを書きましたが、その中で パッチワークは、布地の初期配置が毎回変わる(ここは適当に決める)ものの、一度配置が決まればそこからはランダムさも無くお互いの情報は完全に公開されています。つまり完全に読み切れるコンピュータがプレイしたならば、初期配置で先手と後手のどちらが勝つかはたま […]

最近遊んで面白かったボードゲーム ベスト5

元々ボードゲーム(広義にカードゲームなども含む)は好きな方です。小中学校時代はポケモンカードに夢中になり大会にも足を運び、大学時代はオセロにのめり込み全日本選手権にも出場し三段を取得しました。麻雀もそんなに強くはないですが、学生時代は毎週のように徹マンをし成績・戦術ノートを付ける時期もあるくらいハマっていました。 そし […]

雨でも充実 2ヶ月以上ぶりの瑞牆・湯川

先週、今週と久しぶりに長野・山梨方面へクライミングに行きました。雨で予定の半分くらいしか登れなかったですが、それでも楽しかったです。やはり瑞牆は特別な場所ですね。簡単なクラックしかやっていませんが、日記を書いておきます。   湯川でテレポーテーション、テレパシー、など 先週はメイちゃんがクラックをやってみたいというので […]

1 2 3 4 47