クライミング世界選手権2019八王子、コンバインドのエントリー選手の戦績

今週末の2019年8月11日(日)から、クライミング界の最大タイトルである世界選手権が始まります。世界選手権の日本での開催は初めてであり、またオリンピックの代表が決まる可能性のある重要な大会であるため関心が高まっています。 <参考 オリンピック出場選手の決まり方> 既にCLIMBERSさんに各種目の概要、みどころ、注目 […]

クライミングでグレードを上げていくと、どこかで断絶を感じる理由

“ボルダリングって〇級からいきなり難しくなりますよね?”“△級と△-1級ってめちゃくちゃ差がありませんか?” という声をよく聞く。〇や△に入る数字は人によって異なるだろう。5級の人もいれば2級の人もいれば、初段の人もいる。ボルダリングに限った話ではなく、リードでも同様のこ […]

人工壁の課題にあって岩にないもの

6月下旬から1ヶ月ほど(主に肉体的に)忙しい期間が続き、ようやく少しだけ落ち着きました。 ・ボルダリング検定 第1回 in Dog Wood調布・ボルフェス in プレイマウンテン岡崎 のコンペset・オーナーズオンリー in Rhino and Bird のコンペset・Rhino and Bird の通常課題set […]

二段クライマーは何人いるか?

この間書いた記事の「5.13aクライマーは何人いるか」はなかなか好評な上に、自分でも書いていて楽しかったです。なのでリクエストに応えてボルダー編。リードの5.13aに対応するボルダラーの目標は二段が皆の手が届くかどうかなグレードな気がするので、「二段クライマーは何人いるか」を考えます。 前回と全く同じロジックだけだとつ […]

あけない梅雨の中、小川山でボルダーサーキット&瑞牆で荷上げ

今年はなかなか梅雨があけず、7月も下旬になるのにまだ連日の雨です。そんな中でもできることをやろうと思い雨上がりに小川山でボルダーサーキットをし、瑞牆では荷上げの練習をしたりしました。    ボルダーサーキット in 小川山 7月13日。本当は瑞牆でマルチ継続をするつもりでしたが、前日まで雨でクラックが濡れていそうだった […]

5.13aクライマーは何人いるか?

最近ブログで「データやファクトから導ける正しいこと」ばかり書いている気がします。そういったデータ整理的なことは大切だし今後も続けていきたいのですが、もっと自分が考えることが素直に面白いと思えるテーマや、皆が必ずしも正しいと思わないようなこともどんどん書いていきたいと改めて初心表明。 というわけで今回のテーマは「5.13 […]

2019年4月~6月に読んで面白かった本

さて四半期に1度の「面白かった本」ブログです。4月~6月は岩シーズンなこともあって普段より読書量が落ちていたかもしれませんが、特に漫画を中心に面白い本にいくつか出会えました。早速紹介します! これまでの読書感想記事    たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング 著者:西口一希ジャンル:ビジネス […]

瑞牆でマルチピッチ継続登攀 蒼天攀路→奥壁3本

週頭に少しでも雨が降っていない日を縫うようにして瑞牆にマルチピッチの継続に行ってきました。これまで僕とむっちゃんは実は継続登攀は昨年に「山河微笑(5.10a,5P)」→「錦秋カナトコルート(5.10a,6P)」をやっただけで圧倒的に経験不足です。 <去年のブログ> というわけで今回は当初、”十一面奥壁の3本 […]

2019年リードクライミングWC始まる! 第1戦の出場選手の昨年戦績

ボルダリングワールドカップが終わったのも束の間、今週末からリードワールドカップ(LWC)が始まります。第1戦は例年通りスイスのヴィラール。その後連続して、第2戦シャモニー第3戦ブリアンソン、と7月中に開催、そして8月の世界選手権を挟んで、9月から10月にかけて第4戦クラーニ第5戦廈門最終の第6戦が日本の印西での開催とな […]

ボルダリング強豪国の変遷~過去のボルダリングWC分析 その2~

2015年シーズン終わりに「ボルダリングが強い国はどこか」という記事を書きました。そしてそれから4シーズン経過しだいぶ上位強豪国の顔触れが変わっていると感じるので、アップデートをすることにしました。 範囲はインドアのコンペだけで岩の成果などは入っていないですが、ボルダリングというスポーツの世界諸国の競争具合が多少は見え […]

1 2 3 4 5 39