データ&ルール

5/11ページ

第1回コンバインドジャパンカップのルールやみどころ

6/23,24(土,日)に岩手県の盛岡市でスポーツクライミング 第1回コンバインドジャパンカップ盛岡2018(以下、CJC2018)が開催されます。 CJCはスポーツクライミングの「スピード」「ボルダー」「リード」の複合競技の大会で、おそらく日本で初めてスポーツクライミングのオリンピック競技に近いフォーマットで行われま […]

2018年ボルダリングワールドカップ第5戦八王子 結果まとめと素朴な感想

BWCの八王子大会が幕を閉じました。 あまりにもドラマティックな展開だったので、もはや何も言うことが無いです。 これまでに観たコンペの中で間違いなくベストでした。 特に男子決勝はこれ以上の筋書きは誰にも書けないでしょう。 とは言え、備忘録も兼ねて一応予選から簡単にまとめたりしておきますかね。   <参考記事> […]

2018年ボルダリングワールドカップ第5戦八王子 出場選手の戦績・みどころ

いよいよ今年もボルダリングワールドカップ(以下、BWC)の日本ラウンドがやってきました! 今週末の6月2,3日(土,日)にエスフォルタアリーナ八王子にて2018BWC第5戦八王子が開催されます。 僕も今年もありがたいことに土曜日の予選ではYoutubeで実況解説(JMSCAのチャンネル)、日曜日の準決勝と決勝では映像関 […]

クライミングのルールの考察10~ボルダリングのスタートに関する2018年IFSCルールの変更点~

2018年もボルダリングワールドカップ(以下、BWC)の真っ最中。 今週末も中国にて第4戦の泰安戦がひらかれますね。 そして少し前に今年からのルール変更として、 クライミングのルールの考察9~ボルダー競技で同成績の場合のIFSCルール2018変更点~ という記事を書きましたが、今回はもう1つの重要なルール変更「ボルダリ […]

クライミングのルールの考察9~ボルダー競技で同成績の場合のIFSCルール2018変更点~

昨日ボルダリングワールドカップ(以下BWC)等のIFSC管轄のボルダー競技における同成績者が出た場合の順位付けの整理として、以下の様な記事を書いたわけですが、、、 クライミングのルールの考察8~ボルダリングWCで優勝者が2人以上出る場合~ なんとこのルールは2018年から大幅に変更されていました、すみません。 <参考: […]

クライミングのルールの考察8~ボルダリングWCで優勝者が2人以上出る場合~

※追記※ この記事のルールは2017年までのIFSCルールに基づいてかかれています。 2018年はタイブレイク・ボルダーが無くなるなど大幅なルール変更があるため、詳しくは以下の記事をご覧ください。 クライミングのルールの考察9~ボルダー競技で同成績の場合のIFSCルール2018変更点~ ※追記終わり※ 久々のルールの考 […]

2018年ボルダリングワールドカップ開幕!第1戦出場選手の戦績

今年もボルダリングワールドカップ(BWC)のシーズンが始まります。 第1戦のスイスのマイリンゲン戦が今日明日の4/13,14(金,土)に開催され、8月のミュンヘンまで全7戦がおこなわれます。 来週はモスクワ戦、5月は中国の2戦、そして6/2,3(土,日)には日本開催の八王子戦です。   僕自身の知識の整理も含めて、今回 […]

岩場間でのグレード差を定量的に比較してみる

この1月~3月は岩場ではリードクライミングを中心に楽しみました。 特にスポートルートは二子山に6回、御前岩に4回行きまして、ボルダーが中心だった自分にとっては初めてスポートルートをそれなりに登り込んだ期間となりました。 しかしそこで少し戸惑ったのは岩場間でグレード差がかなりあることです。 一般に言われていることですが、 […]

ユース選手権の歴代表彰選手と2018年大会のみどころ 

今週末の2018年3月24,25,26日(土 ,日,月)に千葉県印西市の松山下公園にて「スポーツクライミング 日本ユース選手権リード競技印西大会2018」(以下、ユース選手権)が行われます。 ユース選手権は10代のユースクライマーの日本代表を決めるリードクライミングの大会です。 ユースの大会とは言え、日本のリード競技で […]

二子山で色々と登った、2018年1月~3月シーズン

今年の1月から3月にかけて二子山で計6日ほどクライミングを楽しみました。 どうやら僕はこの二子山の虜となってしまったようで、蓋を開けてみれば今のところ今シーズン一番通っている岩場となりました。 一応昨日「任侠道」が登れ一区切りが付いたので、簡単に二子山のことや登った課題のことを書いてみたいと思います。 <1年前に1度来 […]

1 3 4 5 6 7 11